読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やくみつる似がポケモンGOで遊んでフリー素材になったその後の話

f:id:nari_104:20160812093743j:plain

やくみつる似の私が、ポケモンGOで遊んでフリー素材になりました。

一連の流れは「ねとらぼ」の下記の記事にまとめられています。どうしてこうなった。

nlab.itmedia.co.jp

この記事の中で

そしてこのフリー素材の適切な使いどころが分かる人のことを、筆者は心の底から尊敬します。

と書かれていました。これには本人も同感。いくらなんでも使い道は少ないだろうと。

 

 

しかし予想は大きく裏切られました。

▼8月4日

sirabee.com

▼8月6日

sirabee.com

sirabee.com

▼8月7日

bylines.news.yahoo.co.jp

▼8月8日

gakumado.mynavi.jp

▼8月11日

sirabee.com

sirabee.com

これ以外にまとめサイトや個人ブログでの使用を多数確認しました。

使い道がないと思われたフリー素材、結構使われてます。ありがとうございます!

 

 Twitterでもたくさんのご感想をいただきました。

 

多く使われている理由はこのフリー素材が「ぱくたそ」という有名なフリー素材サイトに載ってるからなんですけどね。

 

フリー素材となってから10日間で変わったこと

強いて挙げればFacebookへの「いいね!」が一瞬増えたくらいで、別に何も変わってないです。
Twitterのフォロワーも増えてませんし、仕事の問い合わせ数も変わりません。

世の中そんなに甘くありません。ですから浮かれてもいません。

 

認知度を上げるということ

一番上に挙げた「ねとらぼ」の記事がSNSで1000回以上シェアされたようです。この数字が多いか少ないかは置いておいて、ネットで認知度を上げるということは、こういうことを何十回も繰り返すことなのだと思いました。

炎上もバズも、一度きりじゃダメなんですね。

 

それにしても一つの記事に自分の写真がこれだけ並ぶと壮観を通り越して気持ち悪い。

 

まあ、せっかくなので私のフリー素材を使ってやってください。

ナリシゲのフリー素材はこちらから!

www.pakutaso.com

喫煙などの法律違反を犯す野球部員と野球部には厳罰が必要

f:id:nari_104:20160722080239j:plain

佐賀県の龍谷高校の野球部員が大会期間中に学校の部室で喫煙していたとのニュースがありました。

http://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/1682275.html

龍谷高校に必要なのは「火消し役(=ストッパー)」ですね。

それはさておき、今回は大会期間中(しかも勝ち進んでいる)であること、部室が燃えたことで大きなニュースとなりましたが、高校の野球部員の喫煙など日常茶飯事です。

龍谷高校の野球部には、そのうち日本学生野球協会から処分が下ると思いますし、今回は自ら出場辞退するものと思われますが、こういった「処分」があるにも関わらず一瞬の快楽を求めて喫煙してしまうような部員、そしてそういう部員が籍を置いている部に対して、厳罰が必要など思っているのは私だけではないはずです。

当該部員は退学、部は廃部が妥当でしょう。

喫煙の処分としては「対外試合禁止3ヶ月~6ヶ月」が多い

喫煙や飲酒などの法律違反については、日本学生野球協会が審査し、審査報告書に基づいて日本学生野球協会会長が処分を決定します。

2015年9月17日には、以下のような処分が決定しています。

 ◇高校【対外試合禁止6カ月】安房(千葉)=11月16日から、部員の暴力といじめ▽出水工(鹿児島)=11月10日から、部員の窃盗、飲酒、喫煙▽岐南工(岐阜)=11月9日から、部員の窃盗、盗品授受、喫煙、不正行為【同3カ月】城西(東京)=10月30日から、部員の暴力▽真颯館(福岡)=11月13日から、部員の暴力と喫煙▽大洲農(愛媛)=12月2日から、部員のいじめ【同1カ月】飛龍(静岡)=11月18日から、部員のいじめ【除名】大阪府高野連の審判員=児童買春【謹慎2年】高森(山口)の部長=11月5日から、わいせつ図画陳列【同1年】福岡第一の部長と監督=10月8日から、報告遅れ【同3カ月】立正大立正(東京)の顧問=11月24日から、部員への暴力、報告遅れ▽京都翔英の監督=11月7日から、部員への暴力、報告遅れ【同1カ月】川之江(愛媛)の監督=11月9日から、部員への暴力

(出典:朝日新聞

ざっと見ますとこんなところです。

複数の違反:対外試合禁止6ヶ月
違反が1つ:対外試合禁止1ヶ月~3ヶ月

対外試合禁止が3ヶ月の場合、タイミングによっては公式戦に出場できなくなります。例えば春季大会終了後の4月下旬に処分を受けた場合は7月下旬まで対外試合ができませんので、夏の大会に出場することは不可能です。しかし、上の引用部分にあるような「11月13日から対外試合禁止が3ヶ月」といった処分は、そもそもこんな時期に対外試合を行うことはありませんので、はっきり言って無意味ですね。

処分内容の妥当性の問題はありますが、「喫煙(などの法律違反)が見つかると試合をできなくなる」ことは明らかですし、これは全国の全ての野球部員が認識しているはずです。

であるにも関わらず、野球部員による喫煙(などの法律違反)がゼロになりません。

喫煙や飲酒は、一瞬の快楽を満たすものです。
ある人物の「一瞬の快楽」のために、他の人間が犠牲を強いられなければならないのは、不条理すぎます。

「連帯責任」が妥当であるかという問題

「悪いことをした人間だけを処分し、その他の人間にまで処分をする必要は無い」という意見があります。
今回のケースですと、「タバコを吸った人間だけ処分。それ以外はお咎めなし」となります。

タバコを吸った人間には当然処分が必要でしょう。退学が妥当だと思います。

見つかるとそれなりの処分があることを認識していながら、「未成年はタバコを吸ってはいけない」という馬鹿でも分かる法律すら守れず、周囲に迷惑をかけ、学校の評判を落とすような人間に同情の余地はありません。
自らの意思で法を犯したのですから、当然厳罰に処すべきです。

では、「タバコを吸っていない人間」に対してはどうすべきでしょうか。
彼らの責任はゼロとはいえませんが、とはいえ野球を奪ってしまうのはやり過ぎでしょう。

 

ですが、廃部にしたほうがいいんじゃないですかね。

 

「一部の部員の一瞬の快楽が全てをぶち壊す」という図式にでもしないと、喫煙や飲酒は無くなりません。「対外試合禁止3ヶ月~6ヶ月」なんてものが、何の抑止力にもなっていないことは現状をみれば明らかです。

今回の「大会期間中に、しかも試合前に部室で喫煙」はあまりにも悪質(というか馬鹿)すぎて言葉も出ませんが、もしこれで龍谷高校の野球部が廃部にでもなれば、全国的に野球部員の喫煙や飲酒は一気に減るんじゃないんでしょうか。

それでもタバコや酒が欲しい!と思ったら

「考えろ!」

どん底のベイスターズの新監督を考えてみた

セ・リーグの全借金を1チームで背負う横浜DeNAベイスターズ。

headlines.yahoo.co.jp

その元凶は、そう。アレックス・ラミレス新監督。

いろんな問題がありますが、ファンがいうこの言葉だけは納得がいきません。

 

「1年目だから結果が出せないのは仕方ない」

 

贔屓チームの監督が新人監督だから負けても仕方ない、なんて考えている人はプロ野球ファンを今すぐ辞めるべきですね。

勝ち負けじゃなくて「育ってる姿」が見たいのなら、アイドルの応援とかゲームでもやってればいい。

 

 

かつて落合博満はこういいました。

「勝つことが最大のファンサービスである」と。

 

 

これは圧倒的に正しい。

贔屓チームの負けを喜んで見に行く人なんて皆無です。

 

 

ラミレスの「集客力」に期待しての監督就任という話もありますが、監督だけを見に行くファンなんていないでしょう。

ひとりの集客力なんて知れてますよ。

それに集客力ならキヨシのほうが上じゃないか。

 

 

私はベイスターズにこの監督を希望します。

 

number.bunshun.jp

 

星野仙一監督。

 

高田繁GMと同じ明治大学野球部出身。島岡門下生です。

横浜高校の渡辺元智・元監督も「人間力」を大切にするタイプです。横浜高校OBの多い今のベイズターズに、島岡御大譲りの「人間力野球」が合っている気がします。

 

島岡御大譲りの「なんとかせい!」がきっとベイスターズを立て直します。

 

 

 

今となってはむなしい記事です。

www.nikkansports.com

 

ラミレスでは満足できない。

 

名将の条件 監督受難時代に必要な資質 (SB新書)

名将の条件 監督受難時代に必要な資質 (SB新書)

 

 

 

上原亜衣のあの作品と例の記事

 今日はこの話。

元記事をまだ読んでない方は先に読んでください。

そして、この文章は元AV会社の社員が書いているということをご理解ください。

 

「中出し」について

 「中出し」についての説明など野暮なことはしませんが、この単語自体を不快に思う人が存在するということは十分に理解できます。私もこの単語はあまり好きではないです。

 

しかし、AVの世界においては 「中出し」は根強い人気を誇るジャンルです。

「ユーザーの願望を叶えてくれる」がAVの役割のひとつだと考えれば、当然 「中出し」は人気が出ますよね。あとは「痴漢」とか「大人数もの」とか。

 

言うまでもなく、「ユーザーの願望を叶えてくれる」ようなプレイは、プライベートで
実現するのが難しいプレイ、つまり女性が嫌がるプレイです。
「中出し」や「痴漢」などの文字を見るだけで気分が悪くなる女性もいるでしょう。

 

「中出し」や「痴漢」などAVで人気のあるジャンル(を表す文字)が、マニア以外の目に触れたらそりゃ大騒ぎになりますよ。批判だって避けられません。

 

私が業界にいた頃もそうなのですが、AV、そしてAV会社って、世間と戦い続けなきゃいけないんですよ。

一般的には許されないような行為を「ファンタジー」として、そして「プレイ」として作品化するんです。世間からの批判はつきものです。

 

ですから、元記事にある上原亜衣の作品に批判が集まるのは、ある意味仕方ないといえるでしょう。

 

作品の感想に対する評価は別であるべき

ですが、その作品を見た人の感想に対する評価は、作品自体の評価と分けないと筋が悪い。

 

元記事を書いたのが男性だったら、また違う感想が飛び交っていたのでしょう。

あの内容のAVの感想を女性が書いた、というのは少々組み合わせが刺激的でしたかね。

私は作品自体には興味が沸きませんでしたが、はせさんの感想は面白かったと思いますよ。

 

住み分けろ。

やはり、AVって市民権を得るのが難しいんですよ。
会社単位、監督単位で一般の方に評価されることはあっても、AV業界全体が日なたに出ることは難しいでしょうね。

私も在職中は一般からの評価を得るべく頑張ってましたけど、やはり低くて厚い壁があるんです。

向こう側(一般の世界)は見えてるんですがやはり相当な距離があると感じましたね。

 

現状はまだ「住み分け」がベターですかね。

一般は一般。AVはAV。

一般のほうにAVを持ってくるときには、細心の注意を払いましょう、と。

 

最後に一言

「女性向けAV」以外のAVと女性とが接点を持つこと自体は難しくないのでしょうが、それを表明、表現することはまだまだ難しいのですね。

ターゲットから徐々に外れていく40代は観測範囲を変えたほうがいいのだろう

徒然

f:id:nari_104:20160501224126j:plain

最近よく考えているのがこれ。

ネットでバズってる記事を読んでも笑えないことが多く、
人気のあるブログを読んでも、面白いとも思わない。
そしてアルファツイッタラーと呼ばれる人のツイートに対してイラついたり。

 

そんなことが増えてきました。

 

その理由は、それらの記事やブログが想定する読者層に私が入っていないということなのだと思います。
ネットでバズってる記事も、人気のあるブログも、そしてアルファツイッタラーのツイートも、40代男性が読むことを想定していないのでしょう。
いや、読んだとしても「お客さんになり得ない。なってほしくない」と思われているのかもしれません。

 

だからといって、それらのコンテンツを「つまらない」で済ませてしまうのは何か勿体無いと考えています。

若い人と同じように面白がることはできなくても、“何が面白いのか”ということくらいは理解したいものです。

 

 

などと言っても、やはり最初に「つまらない」と思ったことに対して、「これの何が面白いのか」などと考えるのは苦痛でしかないよなァ。

 

自分の観測範囲を変えて、自分が面白いと思えるものだけを見れば良いのでしょうね。
ネット上にそれがなければ、ネットなんてやめればいい、そういうことでしょう。